Insta360 ONE Rで360度動画をライブ配信する方法

先日リリースしたInsta360 ONE Rの大型アップデートはすでにお試しいただけましたか?数ある新機能の一つとして、360度動画のライブ配信が完全にワイヤレスでできるようになりました。しかも、配信方法はリフレームライブと360度ライブの2種類から選択できます。それぞれに利点があるので、Insta360 ONE Rで360度動画をライブ配信する方法を早速見ていきましょう。

How to Live Stream 360 Video

リフレームライブ: リアルタイムで視点をコントロール

リフレームライブではリアルタイムで自由に視点を変えることができます。例えば、料理中の様子をライブ配信しているとしましょう。配信中、視聴者に話しかけたり、料理の腕前を見せつけることができます!これがすべてライブ画面で操作できるのです。ライブ配信中にスワイプしてリフレームするだけです。

live stream in 360

360度ライブ: アングルは視聴者にお任せ

360度ライブはユニークな360度動画ライブ配信方法です。この配信方法では、視聴者は自由にフレームを変更できます。この方法は自分の周りを見てもらいたい時や、視聴者に没入型360度映像を体験してほしい時に適しています。例えば、キャンプをしている自分の様子を配信している時に、視聴者はキャンプ場を見て回ることができます。なかなかすごいですよね?

360 live streaming

360度動画のライブ配信方法:

前置きはこのぐらいにして、ここではInsta360 ONE Rを使用したライブ配信方法を説明します。

手順 1: ONE Rに接続します

まずはInsta360アプリを起動し、Wi-Fi経由でONE Rに接続します。

手順 2: ライブ配信画面に進みます

次にアプリの撮影画面で左にスワイプして「ライブ」撮影オプションに進むと、赤い録画ボタンの左右にオプションが並んでいます。

手順 3: 配信プラットフォームを選択します

赤い録画ボタンの左にあるボタンで配信プラットフォームを選択します。Insta360アプリはFacebookとYouTubeに対応しています。また、RTMPを使って他のプラットフォームに配信することもできます。

手順 4: 360度ライブ配信を設定します

プラットフォームを選択したら、赤い録画ボタンの左にある設定ボタンをタップして配信設定を行います。ライブ配信のタイトルと説明を入力し、画面の指示に従って配信設定をするだけです。設定はプラットフォーム毎に異なります。

手順 5: 配信を開始しましょう!

ここまでの準備を終えたら、撮影画面に戻って赤い録画ボタンをタップすると配信を開始できます。ここでの手順通りに進んで「ライブ」ボタンをタップして360度ライブ撮影を行うか、または撮影画面でもう一度左にスワイプして「リフレームライブ」をタップします。

※ライブ配信ではバッテリーを大量に消費します。そのため、ライブ配信は開始から30分後に内蔵のバッテリー保護回路により一時停止します。また、バッテリーをより一層保護するため、ライブ配信中はカメラのバッテリーを充電しないでください。

Insta360の最新情報やユーザーストーリーをチェックしたい方は、公式ブログをチェックしてください。また、Insta360コミュニティに参加すると、ユーザー同士で情報交換をすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です