Insta360 ONE X2: 神機能とその使い方

無限の可能性を秘める360度アクションカメラ、Insta360 ONE X2。今回の記事では、ONE X2でできることをたくさん紹介していきます。最後までお読みいただくと、私たちがONE X2を「The pocket camera crew(ポケットサイズの撮影クルー)」と呼ぶ理由が明らかになるでしょう。

ONE X2 機能

360度リフレーム

Insta360が他と異なる特徴を一つだけ挙げるとすれば、それはリフレームです。まず撮影して、後の編集工程で自由自在にアングルを変えられるのです。この機能は可能性を大きく広げます。アクションを逃すことなく、ディテールに注目し、トランジションで創造性を思う存分発揮してみませんか?撮影後、お好みのSNSプラットフォームに合わせてアスペクト比を変更することもできます。

Insta360 ONE X2 リフレーム

これらは全て、Insta360アプリでできるのです。撮影した映像を開き、「+」アイコンをタップしてキーフレームを打てば、あとはアプリが設定済のキーフレームに合わせてリフレームしてくれます。

ステディカムモード

ONE X2をさっと取り出して撮影するだけなら、リフレームは必要ありません。ステディカムモードでは、一つのレンズだけを使用して普通のアクションカメラのように撮影できます。どこが違うかといえば、FlowState手ブレ補正です。このモードでは2つのレンズからデータを取得し、ブレのない滑らかな映像に仕上げます。このモードにするにはタッチスクリーンの設定でステディカムモードを有効にするだけです。

ONE X2  ステディカムモード

見えない自撮り棒

ドローンを持っていなくても大丈夫です。見えない自撮り棒があれば、手首を動かすだけで第三者視点の撮影ができます。以下の動画はその撮影例です。

Insta360 ONE X2 見えない自撮り棒

これらの映像はどれも特別なことをせずに撮影できます。ONE X2を自撮り棒にマウントするだけで魔法のように消えるのです。

水平維持

これは素晴らしい機能です。FlowState手ブレ補正と相まって水平を完全に保つことができます。つまり、あなたがどれだけ回転したり揺れたりしても、完全に水平を保ってくれるのです。以下の動画をご覧ください。

Insta360 ONE X2 水平維持

クリエイティブなエフェクト

Insta360カメラでは、撮影後にアプリのAI編集エフェクトを適用し、ユニークな動画を簡単に作ることができます。以下はその一例です。今後も新しいエフェクトをアプリに追加していきます。

残像分身

ONE X2 残像分身

ストップモーションミックス

Insta360 one x2 ストップモーション

バレットタイムミックス

one x2 バレットタイム

他にも盛りだくさん

上のような動画の作成方法はとても簡単。撮影後、素材を Insta360アプリに取り込み、エディタの編集ラボでテンプレートを選ぶだけです。

ブログ記事「Shot Lab: The AI Tool That Edits Epic Clips For You in Minutes(編集ラボ: 数分で素晴らしいクリップを作成するAIツール)」では、編集ラボの全容と最大限に活用する方法を紹介しています。※日本語版は近日中に公開予定です。

タイムシフト

動画の再生速度を変えながらリフレームできたら…と思いませんか? ONE X2ならできます。

Hyperlapse feature one x2

まずアプリで動画にキーフレームを打ち、次に動画速度を設定します。最大16倍速のセグメントを追加したり、1/4倍速に落としたりできます。

フリーズフレーム

速度と言えば、ONE X2を使って極限のスローモーション動画を作成してみました。アプリの速度設定にあるフリーズフレーム機能を使って、動画がほぼ停止状態になるまで再生速度を落としてみましょう。AIに感謝!

Freeze frame insta360 one x2

フライスルー

FPVを操縦してみたいと思ったことはありますか?みなさんの夢を叶えるために、新機能フライスルーを開発しました。この機能を使えば、数回タップするだけでFPVドローンが隙間を縫って飛んでいるかのような動画を作ることができます。以下はその作例です。

Fly through Insta360

フライスルー機能を使用するには、小さな飛行機アイコンをタップして開始点を設定し、穴の反対側まで行った時に終了点を設定するだけです。あとはアプリがこれらのショットを自動的にスティッチしてつなぎ合わせ、フライスルー動画を作成してくれます。

ディープトラック

ONE X2の追跡機能は大きく進化しました。ディープトラックを使うには、追跡したい対象をアプリ上で長押しするとアプリが対象をロックします。追跡対象が障害物に隠れてもトラッキングし続けます。これまでになく簡単です。

Tracking one x2 機能

360度ライブ配信

ONE X2はSNSに直接ライブ配信できます。360度映像を配信すればさらに楽しさが増します。どの方向を見せるかをあなたが決めたり、あるいは見る人に見たい方向を選ばせることもできます。

Livestreaming on one x2

以上はほんの一部です…

ここまで数多くの素晴らしい機能を見てきました。しかし、ONE X2には、進化したバッテリーやタッチスクリーン、360度オーディオ、素晴らしくクリアなPureShotなど、他にもご紹介したい機能がたくさんあります!Insta360 ONE X2についてさらに詳しく知りたい方は、こちらのリンクをご覧ください


Insta360の最新情報やユーザーストーリーをチェックしたい方は、公式ブログをチェックしてください。また、Insta360コミュニティに参加すると、ユーザー同士で情報交換をすることができます。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です