ドローン不要!360度カメラでフェイクドローンショットをマスターしよう

ドローンを利用した素晴らしい空撮ショットを低予算で簡単に自撮り撮影してみたいと思ったことはありませんか?そして、SNSで注目されたいと思いませんか?ドローン操縦には免許が入りますし、ドローン飛行技術習得、飛行場所の選定、とドローンを撮影に使用するとなると手間と時間がかかります。しかし、気軽にドローンを利用した映像が誰でも撮れる解決策があります。ドローンを操縦させる必要はありません。そうです、Insta360ではそれを#NoDroneNoProblemと言います!

あなたのフェイクドローンショットをお待ちしております。TikTok、Instagram(メインまたはリール)、Insta360アプリのコミュニティーフォーラム、またはその他のソーシャルメディアでハッシュタグ#NoDroneNoProblemを使用して、あなたの冒険をシェアしてください。

Insta360のソーシャルチャネルは、100万人以上のInstagramフォロワーを含むInsta360のグローバルコミュニティへの露出の機会を提供します。

フェイクドローンショットであっと驚くような映像を

InstagramやTikTokの動画のネタ探しに困ってますか?旅行のVlogをレベルアップさせたいですか?フェイクドローンショットは、「一体どうやってそれを撮影したの?!」とSNSで注目を集められること間違いありません。

フェイクドローンショットはInsta360カメラを利用すれば、非常に簡単に撮影できます。360度レンズを搭載したONE RS、ONE X2など、360度の撮影が可能なカメラを、見えない自撮り棒に取り付ければ準備は完了です。撮影が終了したら、Insta360アプリにショットをアップロードすると、自撮り棒が魔法のように消えて映ります。遮るもののない、驚異的な景色が実現できます。

撮影のヒント:カメラが自撮り棒と平行に並んでいることを確認してください。平行に並んでいないと、映像で自撮り棒が映ってしまう場合があります。

Diagram showing how to mount your Insta360 camera on the Invisible Selfie Stick

あっと驚く、第三者視点の映像を自撮り

高価なドローンが山に衝突することを心配する必要がないため、その瞬間を捉えられます。

ショットをさらにあっと驚くコンテンツにするため、高いところから撮影してみましょう。岩肌をスケーリングする場合でも、少し冒険的なことをする場合でも、自撮り棒を最高の長さまで伸ばして撮影するだけで、壮大な視点が実現できます。

可能な限りの空中写真ライクな写真を撮影するには、最大3m(9.8ft)まで伸ばせる超長い自撮り棒で撮影をおすすめします。コンテンツをあっと驚くレベルに引き上げる最適なアクセサリーです。

フェイクドローンショットは、ドローンでは取れない空撮映像が可能

ドローンは、場所によっては飛行が禁止されている場所があります。絵のように美しいビーチや劇的な山頂を背景に、ドローンが禁止されていることを知ったらどうしますか?Insta360カメラと自撮り棒があれば問題ありません。

世界で最も優れたドローン操縦士にとっても、いくつかのショットは危険な場合があります。そんな時にもInsta360の360度カメラと見えない自撮り棒を活用すれば、フェイクドローンショットが撮影できます。

@insta360_official

10ft selfie stick + #insta360onex2 = 💯👏 @Joel Eggimann getting creative with his #vanlife #camping #fyp #travel #nodronenoproblem

♬ original sound – insta360_official

#NoDroneNoProblem ショットを撮影してSNSへシェアしよう

TikTok、Instagram(メインまたはリール)、またはInsta360アプリにアクセスして、壮大な第三者視点ショットを撮影するのにドローンは必要ないということをアピールしちゃいましょう。ハッシュタグ#NoDroneNoProblemを付けて映像を投稿し、ショットが注目を集めたら、Insta360があなたのコンテンツを世界へ向けてシェアいたします!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。