Insta360 ONE RS と ONE Rを徹底比較:ONE Rから進化した点は?

次世代カメラInsta360 ONE RSが3月22日に満を辞して発売となりました。 業界を揺るがすレンズ交換式アクションカムであるONE Rの待望の後継機として、ONE RSは大幅に進化を遂げました。

革新的なモジュール式デザインを採用したONE Rを基盤とし開発され、更にユーザーからの声を反映し、ハードウェアとユーザーエクスペリエンスのアップグレードを果たしたONE RS。ユーザーにとっての今一番知りたいのは「一体何が新しいの?」ということでしょう。

この記事では、そんなユーザーの疑問に答えるONE RSとONE Rの主な違いについてご紹介いたします。

ONE RS とONE R のスペック比較表


Insta360 ONE RS ツイン版Insta360 ONE Rツイン版 
同梱物4Kブーストレンズ360度レンズONE RSコアONE RSバッテリーベースONE RSマウントブラケット4K広角レンズ360度レンズONE RコアONE RバッテリーベースONE Rマウントブラケット
360 動画5.7K5.7K
広角動画4K (1/2インチセンサー)4K (1/2.3センチセンサー)
広角写真48MP12MP
アクティブHDR✔️X
6K ワイドスクリーンモード✔️X
50%高速化したWiFi転送✔️X
バッテリー容量1445mAh1190mAh
FlowState 手ブレ補正 + 360 度水平維持✔️手ブレ補正機能がカメラ内蔵✔️
見えない自撮り棒効果✔️✔️
インスタントズーム✔️X
マイク32
クイックリリース機構マウント✔️X

*注:ONE Rの最も人気のあるオプションとして、ツイン版を例に比較しました。ツイン版の他にもさまざまなパッケージを販売しております。詳細については、ここをクリックしてください。

刷新されたレンズ「4K ブーストレンズ」

ONE RSとONE Rはどちらも独自のレンズ交換式システムを採用し、同じデバイスで複数のレンズを交換できます。そのためどんなシーンにも活用できる汎用性抜群のカメラです。そんなONE RSの一番のアップグレードは新しくなった4Kブーストレンズです。

従来のアクションカメラファンにとっては、4Kブーストレンズは最大4K60fpsの大胆なアクション撮影に最適な広角オプションです。この新しいレンズは、ONE R 4K広角レンズを完全に凌ぐ進化を遂げました。1/2インチと大きくなったセンサーサイズに加えて、以下の新しい機能を搭載しユーザーの期待に応えます。

アクションでも妥協知らず「アクティブHDR」

4Kブーストレンズには画期的なアクティブHDRビデオモードがあります。拡大したダイナミックレンジにより、ハイライトとシャドウを詳細まで捉え、アクションシーンをより鮮やかな映像で映し出します。

ONE RS Active HDR

4,800万画素静止画

ONE Rの4K広角レンズで取得できる1,200万画素に対してONE RSでは静止画で4,800万画素の静止画を撮影することができ、色彩と光の表現が向上されました。

「6K ワイドスクリーン」モード

もう1つの新しい動画モードである6Kワイドスクリーンは、シネマティックな非常に詳細な6Kで2.35:1比率で撮影できます。

更に強力になったONE RS コア & プロセッサー

アクションカメラのコアとプロセッサの重要性を過小評価してはいけません。外だけでなく内側からも強力になりました。ONE Rコアと比較したアップグレードした点は以下です。

  • 最大50%高速になったWiFi転送:ONE Rと比較し、ファイルの転送が非常に簡単になり、編集時間が大幅に改善されます。
  • インスタントズーム:撮影中に最大2.7倍までデジタルズームができます(ONE RS コアの新機能)。
  • クイックメニュー:ボタンを押すだけでお気に入りの撮影設定にアクセスできるため、いつでもすぐに撮影の準備ができ、大切なその瞬間を逃しません(ONE RSコアの新機能)。
  • より鮮明なオーディオ:ONE RS コアには、オーディオを強化するため3つのマイク(ONE Rの場合は2つのマイク)が搭載、更に新しい風切り音低減アルゴリズムも搭載されています。

ブレ知らず。進化したFlowState手ブレ補正

また、新しいONE RS コアにより、業界を牽引するFlowState手ブレ補正がカメラ内に内蔵され、すぐにジンバルを使用したかのような滑らかな映像が撮影できます。FlowState動画モードで最大4K60fpsまで撮影すると、映像が.mp4ファイルとして直接保存され、手ブレ知らず。書き出し、共有のワークフローを合理化し、これまでで最もスムーズな手ブレ補正を搭載させ、ユーザビリティーを大きく向上させました。

ONE RS FlowState Stabilization

使いやすくなったマウントブラケット

改善されたもう1つの重要な点は、ONE RSマウントブラケットです。これにより、ONE Rの欠点を改善しつつ、使いやすさも向上しました。

  • クイックリリース機構:ボタンを押すだけで、カメラをブラケットの側面からスライドさせて、レンズを簡単に交換したり、別のマウントに切り替えたりできるようになりました。
  • 放熱設計:取り付けブラケットの前面にある放熱パネルは、カメラ冷却を助け、より長時間撮影を可能にさせます。
  • 防風マイクカバー:オーディオをさらに強化するために、強風や不要なノイズをブロックする特別な防風フォームカバーが追加されました。
Insta360 ONE RS Mounting Bracket

*注:ONE RSマウントブラケットはONE RSバッテリーベースと一緒に使用する必要があります

バッテリー容量アップ

1190mAhONERバッテリーベースと比較して、ONERSは1445mAhバッテリーベースで駆動します。

一台で二役、三役こなす 

レンズ交換式システムがもたらす最大の利点は、360度レンズに切り替えることで5.7K 360度撮影を可能にさせます。これにより、見えない自撮り棒を使用した魔法のような第三者視点からの撮影や、撮影した後で好きなアングルを選択できる360度リフレームなどの通常のアクションカメラではなし得ない創造性の幅が拡がります。更に4Kブーストレンズと簡単に切り替えられるので、正に一台で二役三役もこなしてくれるカメラなのです。

ONE RS Invisible Selfie Stick

また、ONE RSとONE Rはどちらもアクションシーン撮影に優れており、マウントブラケットに組み立てて、カメラを頑丈にそしてIPX8で5mまで防水を可能にさせます。

AI駆動の編集ツールとテンプレートを備えたInsta360アプリと詳細な編集や設定が行えるInsta360 Studioデスクトップソフトウェアを使用した編集は、ONE RSとONE R同様に機能します。

ONE Rとの互換性

ONE Rユーザーにとっての朗報は、新しいONE RSのコンポーネントを現在のレンズ、コア*、およびバッテリーベースで使用できるため、自分のペースでカメラをアップグレードさせることができます。ONE RSおよびONE Rとの互換性の詳細については、ここをクリックしてください。

*注:ONE R コアは、近日中に4Kブーストレンズとの互換性をサポートします。

ONE RS とONE Rの比較まとめ

ONE RSは、4Kブーストレンズによる進化した広角撮影を筆頭に、新しいコアによるオールラウンドな性能カメラ内のFlowState手ブレ補正による利便性、大容量のバッテリーベースと新しいマウントブラケットによる実用性など、一連の重要な利点をもユーザーへもたらします。 

ONE Rの完全なアップグレードを希望するユーザーは、ONE RS 4K版をお求めください。ONE RS 4K版には、4Kブーストレンズ、ONE RSコア、ONE RSバッテリーベース、およびONE RSマウントブラケットが含まれています。

ONE RSコアのアップグレードをONE Rレンズに取り入れたい場合は、ONE RSコア、ONE RSバッテリーベース、およびONE RSマウントブラケットを含むONE RSコアバンドルをお求めください。


Insta360の最新ユーザーストーリーをチェックしたい方は、公式ブログをチェックしてください。また、Insta360コミュニティに参加すると、ユーザー同士で情報交換をすることができます。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。