Insta360 GO:コンテンツを輝かせる5種類のクリエーティブショット

1 min read
Insta360
Are you on the list?
Subscribe to receive top stories, tips and news right in your inbox.

Insta360 GOは世界最小の手ブレ補正付きカメラです。この20グラムのボディに、コンテンツ制作における無限の可能性を秘めています。この記事では、GOと同梱のアクセサリだけを使って、人々の注目を集めるような動画の撮影方法をご紹介します。

Insta360 GO

動画#1:ブックスピン

Karen Xは、ピボットスタンドを使ってこの映像を撮影する方法を思いつきました。彼女は本の表紙にGOを付けて回転させたのです。この動画を見ると、ユニークなアングルでの撮影において、GOの小ささがいかに重要な役割を果たしているかが分かります。

動画#2:日常生活

Insta360 GOを身に付けていると、料理や公園の散策といった日常の様々な場面を簡単に動画に収めることができます。かさばるマウントは必要ありません。同梱アクセサリの磁気ストラップや簡易クリップ、ピボットスタンドに取り付けるだけで準備完了です。この動画では、それらのアクセサリーを大いに活用してバレンタインデーに撮影した、たくさんの日常生活ショットを見ることができます。

GOの小さなサイズを存分に活用していることが分かりますね。0:04以降のシーンはサイズの大きなカメラでは撮影できないでしょう。

動画#3:ミラーショット

Karen Xが撮影したこの動画を見ると、Insta360 GOの手ブレ補正がいかに優れているかがよく分かります。ジンバルは不要です。このような動画を撮影するには、あなたのアイディアと素晴らしい風景さえあればいいのです。

GOには自動的に水平補正をしてくれます。つまり、GOを上下左右に振り回しても常に水平が維持されるのです。

動画#4:オービタルショット

この動画では、磁気ストラップに取り付けたGOでフェス会場の様子を撮影した、素晴らしいPOV映像を見ることができます。撮影者がランドマークの周りを回っている0:17以降のシーンをご覧ください。

このような映像を撮影するにはこれまで、かさばる機材とプロのカメラマンが必要でした。GOを使うと、二回タップしてハイパーラプス動画の撮影を開始し、ランドマークの周りをゆっくりと歩き回るだけで、このような映像が撮影できるのです。FlowState手ブレ補正機能でブレのない滑らかな映像に仕上がります。

動画#5:スポーツPOV

GOのもう一つの優れた使い道はスポーツです。特に手で持って撮影する必要がある場合に最適です。この動画は、磁気ストラップとピボットスタンドを使ってユニークなアングルでバスケットボールの様子を撮影したものです。

まとめ

これらの動画は、同梱のアクセサリーを使って撮影できるものばかりです。大枚をはたいて、かさばる機材やチェストマウント、改造用工具を購入する必要はありません。

GOで撮影できるクリエーティブショットについてもっと知りたい方は、次の記事をお読みください。
※英語版記事となります。日本語版も近日中に公開しますので、乞うご期待!

Insta360 GO – Killer Features and How to Use Them

Best Basketball Camera: Insta360 GO Is a Monster in the Paint


Insta360の最新ユーザーストーリーをチェックしたい方は、公式ブログをチェックしてください。また、Insta360コミュニティに参加すると、ユーザー同士で情報交換をすることができます。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です