Insta360 GO 2で高品質な動画を撮影するためのヒントとおすすめ設定

プロが撮影した素晴らしい動画を見て、同じカメラを使っているのにどこが違うのだろう、と思ったことはありませんか?

Insta360 GO 2は初心者にも上級クリエイターにもぴったりのアクションカメラです。SNS用の動画を手軽に撮るのに頼れるオプションもありますが、プロ並みの作品にするためのマニュアル制御も多数用意されています。

Insta360 GO 2で設定を調節して最高品質の動画を撮影したい人は、このブログさえ読めば十分です。ここではプロの映像クリエイターによるInsta360 GO 2の使いこなしのヒントとコツをご紹介します。

Insta360 GO 2 撮影のヒント

まず最初に、カメラのファームウェアとアプリは常に最新版に更新しておいてください!アプリやファームウェアは新機能追加や不具合修正のため頻繁に更新されます。最新版はInsta360のウェブサイトからいつでもダウンロードできます。

編集時に動画をいじり倒したければプロ動画モードで録画します。プロ動画モードはInsta360のクラス最高のFlowState手ブレ補正と水平補正アルゴリズムを使用しますが、動画モードでは基本的なカメラ内手ブレ補正のみです。プロ動画モードでは編集時に視野角や回転アングル、アスペクト比の調節もできます。

GO 2 FlowState 手ブレ補正

ワンポイントアドバイス: GO 2の電源がオフの状態でアクションボタンを一回押すとプロ動画モードで撮影するように設定します。ボタン設定はアプリの設定メニューでカスタマイズできます。このように設定すると、いつも確実にプロ動画モードで撮影することができます。

最高解像度の1440p 30fps、またはスローモーション撮影では50fpsで撮影します。精細感を最大にするにはカメラ設定で (スタンダードの代わりに)「高ビットレート」を選択します。

ビビッドカラープロファイル (デフォルトで有効) は撮って出しで最高の色になります。

さらにヒントを知りたい方は、 Gimbal Guruによるこちらのチュートリアルをご覧ください。

Insta360 GO 2 POV撮影でのマウントのヒント

Insta360 GO 2には磁力でマウントする3つのアクセサリー、磁気ペンダント、簡易クリップ、そしてピボットスタンドが付属します。

これらのアクセサリーを使用する際には、撮影前に少し時間を割いてアプリで映像をプレビューします。GO 2は標準的なカメラよりも狭いユニークな場所にマウントできるので、プレビューすることで映像があなたが思い描いていることと一致しているかどうかを確認できます。またレンズが汚れていないかどうかも確認できます。

この3つのアクセサリーの使い方のヒントをご紹介します。

簡易クリップ: 一人称視点のPOV撮影

簡易クリップは最も自然なPOV撮影を可能にします。以下の動画は簡易クリップを使って撮影したクリップ映像の例です。

GO 2 コーヒー POV

帽子のつばに簡易クリップで固定し、アングルをやや下向きに調節すると最適な角度になります。新設計の簡易クリップは数回のクリックでアングルを直接調節できます。GOのようにアングルウェッジを追加する必要はありません。

GO 2 簡易クリップ 帽子

ピボットスタンド: ユニークなPOV撮影

ピボットスタンドを使えば、あらゆる平面の場所に固定してユニークな視点で撮影できます。しかし、ピボットスタンドの使用後は忘れずに粘着面をぬるま湯で洗い流してください。これにより粘着力が維持され、繰り返し使用できます。

GO 2 車 POV

アクションPOV撮影

アクション撮影では、同梱の磁気アクセサリーの代わりにアクションマウントアダプターを使います。このマウントは激しいアクションを撮影する場合でもしっかりと固定し、強い振動によるカメラの落下を防止します。

GO 2 アクションマウントアダプター

Insta360 GO 2 編集のヒント

Insta360 GO 2で撮影した映像はアプリでもStudioデスクトップソフトウェアでも編集できますが、最高の画質にするにはデスクトップアプリで編集します。

プロ動画モードで録画すると、PRO_VIDとPRO_LRVの2つのファイルが保存されます。LRVファイルは低解像度のファイルで、アプリでのプレビューで使用します。デスクトップで編集する場合はこのLRVファイルは無視してVIDファイルだけをStudioにインポートします。

ファイルをインポートしたら、視野角を変えてプレビューし、最適なものを選ぶことができます。視野角のオプションを広角から狭角の順に並べると以下のようになります。

  • 超広角: 視野角は最も広くなりますが、周辺の歪みは最も大きくなります。
  • アクションビュー: アクションPOV撮影に特に最適化しており、他の視野角よりも高さがあるため撮影者の体が大きく移り、よりスピード感が得られます。
  • リニア: 視野角はやや狭くなります。歪みの少ない自然な見た目の映像になります。
  • 狭角: 最も狭い視野角で、歪みも最小になります。

ワンポイントアドバイス: 広い視野角で撮影者の両手や周囲の様子を大きく映しながら自然な見た目にするには、「リニア」「アクションビュー」(16:9フォーマットのみ) を試してみてください。

GO 2 FOV 視野角

書き出しの準備ができたら、精細感や色を最大限に再現するため2560x1440pを選択します。 Premiereや Final Cut Pro Xを使って様々なファイルのクリップをミックスして一つにまとめる場合は、圧縮を最小にするためProRes 422 HQ 50Mbpsで書き出します。

ビビッドカラープロファイルを使っていれば通常、「色彩鮮やか(ColorPlus)」を使う必要はありません。低照度環境で撮影した場合はグレイン除去を使ってノイズの少ない映像にします。

以上です!撮影の準備はできましたか?プロの動画クリエイターが撮影し編集した映像をご紹介しますので、参考にしてみてください。


Insta360 GO 2の購入をご希望ですか?Insta360 公式ストアにて今すぐお買い求めいただけます。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です