ONE Rを広角ウェブカメラとして使う方法とその理由

昨年は何回リモート会議に出席しましたか?友人や家族、同僚と何回Zoomチャットしましたか?2020年ではこのようなリモートでのやり取りが急激に増え、その流れは今後も続くと思われます。

嬉しいことに、Insta360 ONE Rを使えばより良い画質で簡単にこのようなリモートチャットができるのです!ただのアクションカメラではない万能なInsta360 ONE Rは、高機能で使いやすい広角ウェブカメラも兼ねているのです。この投稿ではONE Rを広角ウェブカメラとして使う方法とそのメリットについてご説明します。

使い勝手は?

よくぞ聞いてくれました!テレワークだけでなく家族や友人と情報交換をするような時でも、ONE Rをウェブカメラとして使うのは最高に簡単です。以下の3つの基本的な手順だけで簡単に導入できます。

  1. 4Kモジュールまたは360度モジュールを装着したONE RをUSBケーブルでMacまたはWindows PCに接続します。
  2. ONE RでWebcamモードを選択します。
  3. お好みのビデオ会議プラットフォームでONE Rをカメラとして選択します。

これで完了です!特筆すべきは、他のウェブカメラと異なり、ウェブカメラ用ソフトウェアを追加でダウンロードする必要がない点です。ONE Rは、面倒な操作は不要で多くのメリットがある選択肢です

簡単に導入できることは分かりました。でも、ノートPCやデスクトップPCに付属のカメラを使わない理由は?

いい質問ですね。主な理由は以下の4つです。

1) 画質の向上

Insta360 ONE Rでウェブカメラとして撮影した映像の出力解像度は1080p (1920×1080) です。参考までに、MacBook Air や Pro などの内蔵カメラの出力解像度は通常 720p (1280×720) です。どちらもHD画質として分類されますが、ONE Rの1080pで出力した映像の解像度は画素数が2倍以上あるので、より精細感のある映像が得られます。

2) 広角アングル

ONE Rをウェブカメラとして使用するもう一つのメリットは、広角レンズのおかげでPC内蔵カメラよりも広い画角が得られることです。つまり、部屋にいる家族全員を画角に入れる場合、PCの近くに無理やり集まらなくてもいいのです。

3) オートズーム (4Kモジュール使用時)

この画期的な機能は、誰が映っているかを検出してフレームに完全に収まるように調整してくれます。もし誰かが部屋から出て行けば、カメラは部屋に残っている誰かに再度ピントを合わせます。しかも… もしあなたが部屋の中を歩き回ればカメラはあなたが映像に収まるように追い続けるのです。すごく賢くありませんか?

Insta360 ONE R ウェブカメラ オートズーム

4) 360度ウェブカメラにもなる (360度モジュール使用時)

さらに嬉しいことに、ONE Rは360度ウェブカメラとして使うこともできます。グループ会議のテーブルに置いて、4Kモジュールを360度モジュールに付け替えるだけ。テーブルの両側に座っている出席者全員の映像を分割画面に出力します。

Insta360 ONE R 360度ウェブカメラ

素晴らしいですね。ONE Rはどのビデオ会議プラットフォームでも使用できますか?

はい、できます。ONE Rは、ZoomやSkype、Microsoft Teams、Google Meetなど、広く使われているビデオ会議ソフトウェアのすべてと互換性があります


Insta360の最新情報やユーザーストーリーをチェックしたい方は、公式ブログをチェックしてください。また、Insta360コミュニティに参加すると、ユーザー同士で情報交換をすることができます。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です