Insta360 GO 2 でクリエイティブな車載ショットを撮ろう

旅行に最適なカメラ:超小型、防水、手ブレ補正搭載のカメラ紹介」でも紹介した世界最小のアクションカメラInsta360 GO 2は、その携帯性、どこにでもマウントできる特性を活かして、車載カメラとしてもぴったりのカメラです。

Insta360 GO 2があれば、今まで考えつかなかったようなクリエイティブな車載ショットを撮ることができます。Vlogとしてドライブシーンを一人称視点から撮影したり、Bロールとして動画の一部に差し込んで、映像をクリエイティブに仕上げたり、Insta360 GO 2は車載カメラとしても活用できます。

この記事では、ドライブが更に楽しくなる、Insta360 GO 2を使ったクリエイティブな車載ショットをご紹介します。旅行道中のドライブをInsta360 GO 2でさらにエキサイティングにさせましょう。

Insta360 GO 2:車載カメラとして最適な超小型カメラ

最高の車載カメラ、Insta360 ONEシリーズで撮ろう!おすすめショット5選」で紹介しているように、Insta360 ONE X2Insta360 ONE Rも車載カメラとして最適なアクションカメラです。

Insta360 GO 2の最大の特徴は重さ27gという軽さと、親指サイズという小ささ。そして、購入時に付属する以下の多彩なアクセサリーが、このInsta360 GO 2の特徴を最大限に惹き出してくれます。

とても軽く、どこにでもマウントができるので、他のカメラでは実現できないユニークなショットが撮影できます。

以下では、これらのアクセサリーを活用したInsta360 GO 2で撮影できるクリエイティブ車載ショットをご紹介します。

Insta360 GO 2を使ったクリエイティブ車載ショット

カーフロントビューショット

「ピボットスタンド」の粘着ベースを利用して車のボンネット部分に装着すれば、車の前方からの絶景の景色を捉える事ができます。Insta360 GO 2は小さくても想像を越える強靭なボディーと機能を搭載し、FOVを調整すれば広角映像も捉えることができます。Insta360 GO 2ならドライブ中の壮大な景色を撮り逃がしません。Insta360アプリを使用して、スピードを倍速にして書き出せば、ドライブ中の景色のタイムラプスショットだって作成できます。

使用アクセサリー:ピボットスタンド
設置する場所:車のボンネット部分

注意:安定したスムーズな道での走行にご利用ください。また、車のボンネット部分に埃や泥がついているとピボットスタンドの粘着性が弱まりますので、綺麗な面に装着してください。

YouTuber @Best360こちらの動画で詳しくご覧ください。

タイヤショット

「ピボットスタンド」の粘着ベースを利用して、フロントドアのタイヤ付近に装着すれば、タイヤの動きを捉えながら写り変わる景色を撮影する事ができます。小さくてどこにでもマウントできるInsta360 GO 2の特徴を活かしたショットです。

使用アクセサリー:ピボットスタンド
設置する場所:車のフロントドア付近

YouTuber @Best360こちらの動画で詳しくご覧ください。

カーバックビューショット

車のリヤガラス部分やトランクといった後方部分に装着すれば、車からの移り変わりゆく景色をバックから撮影する事ができます。

使用アクセサリー:ピボットスタンド
設置する場所:車のリヤガラス部分やトランク部分

注意:安定したスムーズな道での走行にご利用ください。また、車のボンネット部分に埃や泥がついているとピボットスタンドの粘着性が弱まりますので、綺麗な面に装着してください。

YouTuber @Best360こちらの動画で詳しくご覧ください。

ドアミラーショット

ドアミラーを上手に利用しましょう。ドアミラーを捉えて撮影すれば、ユニークなドアミラーからの流れる景色を映す事ができます。「ピボットスタンド」をドアミラーが映るフロントドア部分に装着して撮影しましょう。

使用アクセサリー:ピボットスタンド
設置する場所:車のフロントドア部分

注意:安定したスムーズな道での走行にご利用ください。また、車のボンネット部分に埃や泥がついているとピボットスタンドの粘着性が弱まりますので、綺麗な面に装着してください。

YouTuber @Best360こちらの動画で詳しくご覧ください。

第三者視点のドライブショット

素敵なあなたの運転姿をアピールしちゃいましょう。「ピボットスタンド」を利用して自分が映るように車内のダッシュボードやフロントガラス部分にInsta360 GO 2を装着すれば、第三者視点から自分が運転している姿を撮影できます。

使用アクセサリー:ピボットスタンド
装着する場所:車内のダッシュボード、またはフロントガラス部分など

YouTuber @Best360こちらの動画で詳しくご覧ください。

運転手のPOVショット

「簡易クリップ」を利用して、運転手の帽子のツバなどに取り付ければハンズフリーで運転しているドライバーからのPOVショットが撮影できます。これこそ、どこにでもマウントできる超小型アクションカメラInsta360 GO 2だから撮れるショットです。ユニークなPOVショットを取りたい方は是非試してみてください。Insta360アプリを使用して倍速で書き出したり、タイムシフトモードで撮影すれば、さらに面白い映像を撮影する事もできます。

使用アクセサリー:簡易クリップ
装着する場所:自分自身

Insta360 公式YouTubeチャンネルこちらの動画で詳しくご覧ください。

トランク開閉ショット

さらにユニークなショットを取りたい方は、トランクの開閉ショットがおすすめです。Insta360 GO 2の充電ケースは三脚にもなるので、充電ケースを利用して簡単にトランクの中でも自立させる事ができます。追加の三脚を用意する必要はありません。Insta360 GO 2をトランクの中に設置して、トランクを開閉するだけでクリエイティブなショットが撮影できます。ボールなどの小道具を使ってストーリー性を高めたりしても面白いですね。

使用アクセサリー:充電ケースの三脚
設置する場所:トランクの中

YouTuber @Best360こちらの動画で詳しくご覧ください。

カートランジションショット

車を下からのダイナミックなアングルで取りたい場合、カートランジションショットがおすすめ。ピボットスタンドを使用してInsta360 GO 2を道路の真ん中に置き、その上を車で通過します。そしてカメラの向きを変えて、同じ動作を繰り返します。あとはInsta360アプリのストーリーでクリップをまとめて編集するだけで、スムーズなトランジションが完成します。

使用アクセサリー:ピボットスタンド
設置する場所:道

車から見上げたショット

Insta360 GO 2をフロントガラスにカメラが上を向くように設置すれば、ドライブしながら上空を捉える事ができます。Insta360 GO 2は手ブレ補正搭載、FOV調整ができるので、ドライブ中の壮大な車から見上げた映像を超滑らか、広角映像として捉える事ができます。

使用アクセサリー:ピボットスタンド
設置する場所:フロントガラス

ミニカーショット

Insta360 GO 2なら、小さいのでミニカーにだって装着できちゃいます。人が歩けない所や、侵入できないところにInsta360 GO 2を装着したミニカーを走らせて、更にユニークなショットを撮影しちゃいましょう。

使用アクセサリー:ピボットスタンド
設置する場所:ミニカーの上やミニカーの中

撮影ができたら、Insta360アプリの編集機能を利用して車載ショットを一つの動画にまとめ、Insta360 FacebookコミュニティーやSNSで@Insta360Japan、@Insta360をタグ付けして投稿してください。

上記は撮影の一例になります。Insta360 GO 2で撮影できるショットの可能性は無限大です。ぜひ、あなたのおすすめのInsta360 GO 2を使った車載ショットを投稿してください。


Insta360の最新情報やユーザーストーリーをチェックしたい方は、公式ブログをチェックしてください。また、Insta360コミュニティに参加すると、ユーザー同士で情報交換をすることができます。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です