最高のバイク用カメラ、Insta360 ONEシリーズで撮ろう!おすすめショット7選

Insta360 ONEシリーズは、Insta360 ONE X2Insta360 ONE Rという、2種類のアクションカメラがあります。ONE R360度レンズと広角レンズが交換できる超フレキシブルなアクションカメラで、ONE X2360度撮影に特化したポケットサイズの高性能360度アクションカメラです。

最高の車載カメラ、Insta360 ONEシリーズで撮ろう!おすすめショット5選」の記事でもご紹介しているように、車載カメラとして相性抜群のカメラであり、バイク撮影にも適したカメラです。

どちらのカメラも超高解像度の5.7K での360度撮影が可能で、通常のシングルレンズ撮影にも対応しているので、汎用性が高い事に加え、多様なバイク撮影用アクセサリーがあるので、クリエイティブで壮大なバイク乗車映像を撮影することができます。そのため、ツーリングやモトブログの撮影用カメラとしてもおすすめのカメラです。

今回の記事では、バイク、モトブログ、ツーリング撮影用のカメラとして最適なInsta360 ONEシリーズを使用した、バイクの魅力を最大限惹き出す撮影方法&おすすめのバイクマウントについてご紹介します。

ポイントはリフレーミングを最大限に活かす

Insta360 ONEシリーズ:ヘルメットショット

撮影方法について紹介する前に、リフレーミングについて紹介します。リフレーミングは360度カメラの最大の特徴で、リフレーミングを利用することでバイク映像を最大限にクリエイティブに、クールに仕上げる事ができます。リフレーミングというのは動画の中でカメラの向きを変えることで、上記の映像のようにさまざまなアングルで見せることができる機能です。編集時にリフレーミングを行えるので、撮影時に撮影角度を気にする事なく、ライドに集中できるといった利点が生まれます。このリフレーミングは、編集時にInsta360アプリInsta360 Studioを利用してとても簡単に行うことができます。

それでは以下に、このリフレーミングを活かした撮影方法についてご紹介します。

Insta360 ONE シリーズを利用したバイク撮影方法

1: フロントショット

Insta360 ONEシリーズ:フロントショット

こちらの映像でお分かりいただけるように、映像には自撮り棒や延長ロッドが写っていません!

その理由は、見えない自撮り棒を使用したInsta360 ONEシリーズの映像では自動的に自撮り棒や延長ロッドを消してくれるからです。そのため、第三者の視点で撮影した映像に仕上げる事ができます。

そして、Insta360に搭載されているFlowState手ブレ補正技術が揺れを抑制し、このような安定した映像を実現します。

フロントショットを行うには、以下のようにしてカメラをバイクにマウントします。

■マウント箇所:バイクの前部
■マウントアクセサリー:バイクアクセサリーバンドルに含まれる延長ロッドとマウントパッド
■マウント方法:

Insta360 ONEシリーズ:フロントショット - マウント方法

2: テールショット

Insta360 ONEシリーズ:テールショット

フロントショットと同じアクセサリーを使って、MotoGPスタイルの映像を撮ってみませんか?前述のリフレーミング機能のおかげで、オートバイの後ろからの映像も撮影できます。

上記の映像はバイクのテール部分にONE X2を装着し撮影しています。ONE Rでも同じように撮影できます。

■マウント箇所:テール部分
■マウントアクセサリー:バイクアクセサリーバンドルに含まれる延長ロッドとマウントパッド
■マウント方法:

Insta360 ONEシリーズ:テールショット - マウント方法

3: ユニコーンショット

Insta360 ONEシリーズ:ユニコーンショット

ヘルメットはもちろん絶好の取り付け場所ですが、人気のアクセサリーユニコーンヘルメットマウントを活用してワンランク上の映像を撮りましょう。壮大な一人称視点での撮影や、クールな前方映像の撮影に最適です。延長ロッドをヘルメットに取り付けて、編集時アプリでリフレーミングするだけです。上記の映像はONE X2を以下のようにマウントして撮影しています。

■マウント箇所:ヘルメット
■マウントアクセサリー:ユニコーンヘルメットマウント含まれる延長ロッドとマウントパッド
■マウント方法:

Insta360 ONEシリーズ:ユニコーンショット - マウント方法

4: ハンドルバーショット

Insta360 ONEシリーズ:ハンドルアーショット
Insta360 ONEシリーズ:ハンドルバーショット

Insta360 ONEシリーズがバイク撮影に最適なカメラであることの大きな理由の一つはその汎用性の高さです。ユニークな位置に取り付けることができるだけでなく、通常のアクションカメラでは不可能なアングルで撮影することができます。上記2つの映像は、それぞれアクセサリーを使用してハンドルバーに横向きと上向きに直接マウントして撮影しています。撮った後にアプリでリフレーミングし、好きなアングルを選ぶことができます。

上記の映像はONE X2を以下のようにハンドルバーにマウントして撮影しています。

■カメラマウント箇所:ヘルメット
■マウントアクセサリー:バイクアクセサリーバンドルに含まれるヘビーデューティークローとダブルボールマウント
■マウント方法:

Insta360 ONEシリーズ:ハンドルバーショット - マウント方法
Insta360 ONEシリーズ:ハンドルバーショット - マウント方法

5: チェストマウントショット

ONEシリーズのカメラは、不可能に思えるような360度撮影と従来のシングルレンズによるモトブログ撮影のどちらの用途にも適した良いとこどりのカメラです。4K広角モジュールや1インチセンサーを搭載した5.3K広角撮影も可能なONE Rは、この点でも優れています。

Insta360 ONEシリーズ:チェストマウントショット

上記の映像はONE Rを以下のようにマウントして撮影します。

■カメラマウント箇所:自分の体
■マウントアクセサリー:パルクール撮影セットに含まれるチェストマウント
■マウント方法:

Insta360 ONEシリーズ:チェストマウントショット - マウント方法

6: 追い撮りショット

「ビデオゲーム」のような視点を撮影してみませんか?追い撮りセットがあれば簡単に撮影できます。あとはバイクに乗って走るだけです。

Insta360 ONEシリーズ:追い撮りショット

見えない自撮り棒は以下のようにベルトにマウントして、腰にしっかりと固定することができます。

■カメラマウント箇所:自分の体
■マウントアクセサリー:追い撮りセットに含まれる見えない自撮り棒とベルト
■マウント方法:

Insta360 ONEシリーズ:追い撮りショット - マウント方法

7: ホイールビューショット

Insta360 ONEシリーズ:ホイールビューショット

最後に、低い位置からホイール映像を撮影してみましょう。没入感のある映像を撮るには、このアングルが一番です。

■カメラマウント箇所:バイクのホイール近く部分
■マウントアクセサリー:バイクアクセサリーバンドルに含まれる固定マウント
■マウント方法:

Insta360 ONEシリーズ:ホイールビューショット-マウント方法

Insta360 ONEシリーズを利用して壮大なバイク映像を撮影しよう

Insta360 ONEシリーズを使用すれば、こんなに多様なショットが実現できます。ご紹介した映像は、ONEシリーズでできることのほんの一例です。編集方法を含めた撮影方法の詳細は、バイク映像チュートリアルをご覧ください。

ONE X2とONE Rどちらを購入しようか迷っている方は、「あなたにぴったりの360度アクションカメラは? Insta360 ONE X2とONE Rを徹底比較」の比較記事をご参考ください。既に購入された方は、あなたの自慢のバイクショットをInsta360 FacebookコミュニティーやSNSで@Insta360Japan、@Insta360をタグ付けして投稿してください。

YouTubeの公式チャンネルではバイクでの撮影方法やモトブログに役立つバイク動画をはじめ、さまざまなコンテンツをご用意していますので、ぜひご登録ください。


Insta360の最新情報やユーザーストーリーをチェックしたい方は、公式ブログをチェックしてください。また、Insta360コミュニティに参加すると、ユーザー同士で情報交換をすることができます。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です