Insta360 ONE X2 と ONE RSを徹底比較:あなたに最適の360度アクションカメラは?

もし最高の機能を備え、あらゆるシーンに対応できる、コスパ最高の360度アクションカメラを探しているなら、Insta360大人気シリーズONEシリーズが一番です。でもONEシリーズのInsta360 ONE X2Insta360 ONE RSで迷ったら、どちらを選べばいいでしょうか?

このシリーズのカメラは、あらゆる方向を撮影しておいて、好きなアングルを後から編集時に決めることができます。撮り逃すことがなくなり、カメラマンやドローンが無くても圧倒的に素晴らしいコンテンツが得られます。

Insta360 ONE X2Insta360 ONE RSの2機種はONEシリーズのフラッグシップカメラです。Insta360 ONE Rは360度レンズと広角レンズを交換できるオールインワンのツールで、Insta360 ONE X2は360度撮影に特化したポケットサイズのアクションカメラです。

この2つの360度アクションカメラは多くの点で似ていますが、大きな違いがいくつかあります。どちらにするか決めかねていますか?

この記事では、Insta360 ONE X2とONE RSを徹底比較いたします。

Insta360 ONE X2とONE Rスペック比較表

機能Insta360 ONE X2Insta360 ONE RS 
360度動画解像度5.7K360度レンズ: 5.7K
広角動画解像度2560×1440 (ステディカムモード)4Kレンズ: 4K
1インチレンズ: 5.3K
写真解像度1,800万画素4Kレンズ:4,800万画素
1インチレンズ:1,900万画素
360度レンズ:1,800万画素
FlowState 手ブレ補正
見えない自撮り棒
AI編集 (編集ラボ、ディープトラック2.0、オートフレーム)
防水✓ IPX8 (10m)✓ IPX8 (5m)
オーディオ4マイク
アンビソニック/ステレオ録音
3マイク
ステレオ録音
バッテリー1630mAh標準: 1445mAh 
大容量バッテリー: 2380mAh
連続撮影時間80分間4K ブーストレンズ:75分
360度レンズ: 82分
1インチレンズ: 84分
動画コーデックH.265、H.264H.264
スクリーンカラータッチスクリーンリバーシブルカラー
タッチスクリーン
ウェブカメラモード
ライブ配信✓ 360度レンズ
価格¥55,000ツイン版 (4K + 360度): ¥69,800

Insta360 ONE X2とONE RSのどちらを選ぶかは、結局のところカメラで何をどのように撮ろうとしているのかによって決まります。Insta360 ONE X2が向いている人もいれば、Insta360 ONE RSの方が合っている人もいるでしょう。

以下では360度アクションカメラを選ぶ上で考慮すべき重要な要素をご紹介します。

最適な360度アクションカメラの選び方

利便性を選ぶか、汎用性を選ぶか

あなたがほしいのは、サッと取り出してすぐに撮影できるポケットサイズのカメラですか? それとも、どのような撮影にもいつでもどこでも対応できる究極の汎用性を備えた万能カメラですか?

前者の場合はInsta360 ONE X2がおすすめです。縦型の形状で手のひらやポケットにちょうど収まります。電源を入れるだけですぐに撮影を開始できるので、これ以上ないほど手軽に使えます。防水ケースに入れなくても水深10mまで潜ることができます。また1/4インチねじ穴が付いているので、自撮り棒などのアクセサリーに直接取り付けることができます。

Insta360 ONE RSではレンズモジュールを交換する場合に少しだけ手間がかかることが、ONE X2との大きな違いです。でも、あり得ないくらい凄い360度映像と暗所での超高解像度5.3K映像が一台のカメラで撮影できる究極の万能性が、Insta360 ONE RSにはあります。ONE RSを自撮り棒にマウントしたり水深5mまで対応可能な水中撮影をしたりする場合は、付属のマウントブラケットを使う必要があります。

つまりは、手軽さを取るか、柔軟性のある万能さを選ぶかによって最適なカメラを選ぶことができます。

究極の360度アクションカメラInsta360 ONEシリーズでできること

はじめに両者の似ているところを見てみましょう。どちらのカメラも周囲を360度捉えることができるので、あらゆる方向が撮影できます。撮り逃しがなくなり、第三者視点の圧倒的に素晴らしいコンテンツがカメラマンやドローンがなくても撮影できます。Insta360の画期的自撮り棒「見えない自撮り棒」にONE X2やONE RS 360度レンズをマウントするだけで、撮影した動画から自撮り棒が自動的に消えます。

以下が、ONE X2とONE RS両方でできる機能です。

  • 5.7K超高解像度360度撮影と、アプリ内リフレームによるフラット動画への変換
  • 見えない自撮り棒による第三者視点やドローン風映像撮影
  • FlowState手ブレ補正と水平補正による超安定撮影
  • 360度でのライブ配信
  • ウェブカメラとしても使用可能
  • 水中でも使用可能
  • 従来の広角映像も撮影
見えない自撮り棒

以下では、広角解像度、編集ワークフロー、拡張性の観点からONE X2とONE Rを見てみましょう。

広角解像度の比較

360度で撮影したコンテンツは素晴らしいものですが、時には従来の広角映像を撮りたくなることもあるでしょう。自分が撮りたいものがすでにはっきりしていて、360度カメラをコンパクトカメラ代わりにして撮りたいと思うかもしれません。

Insta360 ONE RSはレンズを交換して最高解像度の広角映像が撮影できます。360度レンズを外して広角レンズに換えるだけの、まさに2台 (レンズを追加すれば3台) のカメラを1台にまとめたようなカメラです。

4K解像度で撮影したい方には、4K広角ブーストレンズと360度レンズがセットになったONE RSツイン版があります。4Kブーストレンズは、頑丈なアクションカメラをお探しの場合に最適です。最新のONE RSレンズとして、次のような広角撮影用の機能を搭載してます。

  • 詳細な4K60fps動画および48MP写真を撮影するための1/2インチセンサー
  • アクティブHDR動画モード。ゴースティングを最小限に抑え、ハイライトとシャドウの詳細まで映し出るアクションスポーツ用に設計された新しいHDRモードです。
  • 6Kワイドスクリーンモード:映画のような2.35:1のワイドスクリーン動画を素晴らしい6Kで撮影できます。

または、ライカと共同設計された1インチ広角レンズと360度レンズを含むONE RSエキスパート版を検討することもできます。1インチセンサーを使用したインチレンズは5.3Kの解像度の動画が撮影でき、低照度下でアクションカメラで最高の画質を実現します。

一方Insta360 ONE X2は「ステディカムモード」で広角映像が撮影できます。このモードでは片方のレンズだけを使って撮影します。最高解像度は2560×1440なので、どのように撮影するかにもよりますが、これだけの解像度があれば十分だと言えます。

ONE X2 ステディカム

つまり、レンズモジュールを交換することなく気軽に撮りたければ、ONE X2の方がONE RSよりも手軽に使えます。

編集ワークフロー比較

編集ワークフローでは、ONE X2とONE RのどちらもAI駆動型のInsta360モバイルアプリまたはInsta360 Studioデスクトップソフトウェアを使用して編集を行うことができます。もちろんInsta360ユーザーは無料でご利用いただけます。両カメラとも定期的にファームウェアが更新され、新機能の追加や機能改善が行われます。

他の360度アクションカメラ用アプリと比べても、Insta360アプリはもっとも頻繁にAI駆動型機能を更新しています。このことは編集ラボを見るとよく分かります。ショットラボは最新かつ最高の360度編集テクニックを使ったワンタップ・テンプレートのコレクションで、継続的に更新されます。ONE X2とONE R Sで全く同じショットラボ・テンプレートが無料で利用できます。

ONE X2とONE RS向けに提供されているショットラボ・テンプレートには次のようなものがあります。

ストップモーション・ミックス
ストップモーション・ミックス
  • ストップモーション・ミックス:
    このストップモーション・テンプレートは異なるシーンを連続して歩いているかのような不思議な映像を作ります。
  • 影分身:
    このテンプレートはあなたのクローンを作ってあなたの動作を保持します。マスキングしたり面倒な編集作業は不要です。
  • フライラプス:
    このテンプレートは映像にバレルロールとスピードランピングを追加することで、FPVドローンから撮影したかのような効果を作ります。

上記はほんの一部です。これらテンプレートが定期的にアップデートされます。もちろん無料でご利用できます。

ディープトラック2.0

ONE X2とONE RSのどちらも、「ディープトラック2.0」で被写体を画角の中心に捉え続けることもできます。ディープトラックのアルゴリズムは人や動物などの動体を追跡できます。障害物があっても被写体を見失うことはありません。

ディープトラック

オートフレーム

オートフレームもまた、どちらのカメラでも利用できます。この機能は360度映像をリフレームしてハイライトシーンを見つけ出し、お勧めアングルのコレクションを提供します。

ONE X2 オートフレーム

スナップウィザード

もう一つの新しい編集機能はスナップウィザードです。これは編集内容を自動的に記録することで360度映像のリフレームが簡単になる機能です。360度動画を開き、記録ボタンをタップしてアプリに編集内容を記録させるだけです。アングルを変えるには以下の3つの方法があります。

  • スマートフォンを実際に動かして、動画の向きを好きな方向に変えます。
  • 画面をスワイプしてパンニングやズームイン/ズームアウトします。
  • アプリ内蔵の「ディープトラック2.0」を使ってターゲットを選びます。

拡張性の比較

Insta360 ONE RSはモジュール型なので、将来的にハードウェアをアップグレードできる大きな可能性があります。ONE RSは、レンズとプロセッサー、バッテリーで構成される、いつでも部品を交換できるシステムと見ることができます。容量の大きなバッテリーが必要になったら? 大容量バッテリーベースを購入しましょう。5.3K解像度にアップグレードしたくなったら? 4Kモジュールを1インチモジュールに交換しましょう。このように ONE RSは簡単にアップグレードできる拡張性に優れたカメラです。

360度アクションカメラ

これに対して、機材は十分に揃っていて、360度撮影機能を追加したいだけならば、ONE X2で決まりです。どちらを選ぶかはあなた次第です。

360度アクションカメラ

まとめ:手軽さか、万能さか

360度アクションカメラに求めるのは手軽さを、それとも柔軟性のある万能さどちらですか?

手軽さを求めるならONE X2に決まりです。一方で少し手間がかかっても、拡張性やさまざまなシーンに万能に対応できるアクションカメラを求めているならONE RSをお勧めします。

どちらのカメラも、アクションカメラとしの究極な機能を備え、編集ワークフローやAIエフェクトといったInsta360カメラだから実現できる機能が満載です。

ぜひあなたにぴったりのIsnta360アクションカメラで新たな創造の世界を拡げてみてください。


Insta360の最新情報やユーザーストーリーをチェックしたい方は、公式ブログをチェックしてください。また、Insta360コミュニティに参加すると、ユーザー同士で情報交換をすることができます。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。