360度カメラ(全天球カメラ)を今買うべき10の理由

3 min read

人とは違ったSNS映えするクリエイティブな動画を作成してみたいけど、撮影技術に自信がないと思っている方。360度カメラ(全天球カメラ)はそんなあなたにも寄り添うクリエイティブの世界を広げてくれる魔法のツールです。

しかし「360度カメラって、煩雑そう、使うのが難しそう、使いこなせそう、360度カメラはクリエイターやプロが使うものでしょう」と勝手に思っていませんか?

この記事ではそのように、360度カメラ購入を迷っている方、360度カメラの可能性について知りたい方に向けて、360度カメラのどんな機能がどんなシーンで役立つのか、360度カメラを買うべき10の理由と共にご紹介いたします。

Insta360の360度カメラとは

ワークフローが複雑であまり一般的でないと思われがちな360度カメラですが、Insta360は、より多くの人に360度カメラで大切な思い出を残す手伝いをしたいという思いから、カメラスキル問わず、誰でも簡単に360度撮影ができるように360度・全天球カメラ、アクションカメラの開発を続けています。そして持続的な開発、機能アップデートを繰り返し、様々なシーンで活用でき、誰でも簡単に使用できる汎用的な360度カメラを世に生み出してきました。

そのため、Insta360の360度カメラは、360度カメラを触ったことがないというカメラ初心者にこそおすすめできる360度カメラなのです。

360度カメラを買うべき10の理由

1: 編集時に画角調整できる(撮影時に画角を気にしなくて良い)

360度カメラのリフレーム

360度カメラの360度撮影できる利点を最大限に生かした機能がリフレームです。リフレームは、編集時に画角を調整し、好みのアングルを調整できる機能です。そのため撮影時に画角を気にしなくて良いというメリットが生まれます。

また、従来の360度カメラは、このリフレームするのに別途ソフトウェアをPCへインストールしなければならなかったり、リフレームするのが煩雑だったりしましたが、Insta360のカメラなら、PCに取り込む必要なくスマホのアプリで簡単にリフレーム、書き出しを行うことができます。またAIが自動的にベストショットを選んでくれるオートフレーム機能や、編集時に直感的にスマホを動かして画角調整ができるスナップウィザード機能などを搭載しているため、煩雑になりがちなリフレーム作業が数秒で簡単に行えます。

この撮影時に画角を機にする事なく、編集時に画角調整が簡単にできることが、カメラに慣れていない初心者の方にもおすすめできる理由です。

また三人称視点と一人称視点のPOV撮影が一度の撮影で可能になり、撮影の手間を減らしてくれます。特にInsta360の360度カメラにはマルチビュー機能が搭載されており、Vlog撮影、ドライブ撮影モトブログなどで、自分を撮影しながら自分の見ている風景も逃す事なく撮影するという事がカメラマン不要で全て自撮りでできてしまいます。なので360度カメラはまさにVlog、車載用モトブログカメラとしても最適なカメラです。

Insta360 ONE R / Insta360 ONE X2 車載マルチビュー

Insta360カメラの特徴:スナップウィザード(Insta360アプリ内機能)
役立つシーン:Vlog撮影、ドライブ、モトブログ

2:アクション、その瞬間に集中できる

前述したように、360度カメラは360度捉えるので、取り逃がすことがありません。大切な瞬間はいつ、どこで訪れるか予測できません。

360度カメラがあれば、気づかない発見やショットを捉えたりできますし、何よりも撮影時に画角を気にしなくて良いので、自分のアクションに集中できます。旅行中に素敵な景色を一瞬たりとも取り逃がしたくない、しかし撮影に集中する事なく大切な人との時間も楽しみたいと思った時は、360度カメラをすっととり出してとりあえずカメラを回しておくという事ができます。その時気づかなかった発見などを、360度映像を振り返りながら見つけることもできます。

スポーツなどのアクションシーンでは、通常のカメラではアクションしている被写体をフレームの真ん中に捉えるには、相当な技術が必要ですがInsta360のディープトラック機能を使用すれば、撮影した360度映像から指定した被写体を自動的に追い続けてフレームの真ん中に収めてくれます。

Insta360のカメラの特徴機能:ディープトラック、リフレーム
役立つシーン:Vlog撮影、アクション(スキー&スノーボード)撮影、旅行

3.どんなアスペクト比でも画質を落とさずに書き出し可能

アスペクト比を気にせず撮影したら変更ができず、アスペクト比を撮影後変更したら、画質が落ちてしまった、被写体が切れてしまった、思った画角にならなかった、という残念な経験はありませんか?映像を撮影してから、アスペクト比を各SNS用に手軽に変更できたら便利だなと思ったことはありませんか?

特に様々なSNSプラットフォームで頻繁に投稿するYouTuberやインスタグラマー、Vロガー、ブロガーの方は必見です。

前述しているように、360度カメラなら撮影してから画角を調整する事ができるため、そのような失敗はありません。Insta360の360度カメラなら、撮影後に各SNSに対応したアスペクト比へ簡単にスマホで書き出しする事ができます。

Insta360カメラの特徴:アスペク比の撮影後調整
役立つシーン:各SNSへの投稿

4.強力な手ブレ補正でスムーズな映像を実現

多くの360度カメラには手ブレ補正機能が搭載されています。Insta360の360度カメラには比類のない強力な手ブレ補正が搭載されており、定期的に行われるファームウェアのアップデートによりカメラ購入後もアップデートを行うことで、常に最新の手ブレ補正機能を手に入れることが可能です。

そしてジンバルを使用したようなスムーズで安定した映像が誰でも簡単に撮影する事ができます。

FlowState手ブレ補正
Insta360機能:FollowState 手ブレ補正

Insta360カメラの特徴:Insta360独自手ブレ補正アルゴリズムFlowState搭載
役立つシーン:ペット撮影、スポーツ撮影、子供撮影

5. どんなにブレても水平を維持する

Insta360機能:水平維持

Insta360の360度カメラには水平維持機能が搭載しているため、どんなに傾いても映像を水平に維持してくれます。これはスポーツなどのアクションシーンを撮影する際にとても役立ちます。

Insta360カメラの特徴:水平維持
役立つシーン:スポーツ等のアクションシーン撮影

6. クリエイティブな可能性を広げてくれる

360度カメラがあれば、撮影の可能性を広げてくれます。前述したように、360度リフレームができるので、シネマティックな映像に使われる撮影技法、パンやティルトを編集時のリフレームで簡単に表現する事ができます。もちろん難しい技術は必要ありません。また、Insta360のタイニープラネットで、こんな撮影も簡単に表現できてしまいます。

Insta360のチームメンバー氏の作品

360度カメラを活用したクリエイティブな撮影をもっと知りたければ「360度写真アーティストSujit Chachadさんが語るONE X2と360度写真の世界」記事を参ご参照ください。

Insta360カメラの特徴:リフレーム、スナップウィザード、タイニープラネット機能
役立つシーン:シネマティック映像制作、Vlog撮影、クリエイティブな映像撮影

7、ビジネスツールにもなる

360度カメラはビジネス販促ツールにもなります。Insta360の360度カメラは企業にも採用されているカメラで、本格的なビジネス販促ツールともなります。例えば「Insta360 ONE X エンタープライズ版:バーチャルツアーおよび360度企業コンテンツの撮影に最適」のように不動産物件を360度で紹介したり、また、「Googleストリートビュー用360度カメラとビジネス成功の秘密」で紹介しているように、Googleストリートビュー撮影などでは、360度カメラを利用しコンテンツを作成することでお金を稼ぐ事もできます。

Insta360カメラの特徴:リフレーム
役立つシーン:Googleストリートビュー撮影、不動産バーチャルツアー撮影

8. 自撮り棒が映らない

Insta360 見えない自撮り棒

自撮り棒で素敵な映像が台無しになってしまった。という経験はありませんか?Insta360の360度カメラと「見えない自撮り棒」を使えばそんな失敗はもうありません。

Insta360は360度カメラの特性を生かし、「見えない自撮り棒」を開発しました。この自撮り棒を使用し360度撮影することで、まさに名前の通り、映像から自撮り棒を見えなく消してくれます。

Insta360アクセサリーの特徴:見えない自撮り棒
役立つシーン:自撮りをする全てのシーン

9、スキル向上に役立つ

360度カメラは、自分のスキル向上に役立つツールともなります。特にスポーツシーンなどでは、自分のアクションを360度撮影し、後で見返すことで自分の悪い点を改善する事ができます。Insta360チームメンバーで、プロスノーボーダーの菅谷さんも「プロスノーボーダーの菅谷佑之介さんが語るInsta360 ONE X2の魅力とは」で自分の滑りを見返えす記録用として360度カメラを使用し始めましたと語っています。

Insta360カメラの特徴:リフレーム、スローモーション
役立つシーン:スキー、スノーボード撮影、ダンス撮影、その他様々なスポーツシーン撮影

10. コミュニケーションツールにもなる

Webcam
360度カメラがウェブカメラに

Insta360のカメラは360度でのライブ配信が可能でウェブカメラにもなります。360度映像でのライブ配信では視聴者側で自由に画角を調整できます。この方法は自分の周りを見てもらいたい時や、視聴者に没入型360度映像を体験してほしい時に適しています。

ウェブカメラでは、360度撮影する二つのレンズを利用しマルチビューで表示したり、カメラをいちいち動かす事なく部屋にいる全員の姿を捉えながらビデオ会議ができます。360度カメラがあることで、リモートでもまるでその場にいるようなリアルなコミュニケーションを可能にさせます。

Insta360カメラの特徴:360度ライブ配信、ウェブカメラモード
役立つシーン:ライブチャット、ウェブ会議、ライブ配信

おすすめのInsta360 360度カメラは?

360 action camera ONE X2 vs ONE R
 Insta360の360度カメラ

Insta360ではプロ向けカメラと、一般ユーザー向け360度全天球カメラを販売しております。一般ユーザー向け360度カメラでは、Insta360 ONE X2とONE RといったONEシリーズカメラがおすすめです。どちらが自分に合っているカメラなのかは「Insta360 ONE X2 と ONE Rを徹底比較:あなたにぴったりの360度アクションカメラは?」こちらの比較記事をご参考ください。

さあ、無限の可能性を手に入れて、新しい世界をInsta360と一緒に覗いてみませんか?


👇Insta360をフォローして、最新の製品、ニュース、撮影ヒント、インスピレーションを得よう!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。